NOGE HISTORY
野毛のあゆみ

野毛の歴史のコラムです

「野毛」

半農半漁の村がどうやって現代まで栄えたのか

幕末横浜開港以前、野毛は野毛浦と呼ばれる半農半漁の村でした。
江戸時代末期の安政6年(1859年)、幕府が開港場として選んだ寒村:横浜村(横浜港)と東海道を結ぶバイパスとして古道:横浜道(よこはまみち)がひらかれました。

野毛山の中腹に切り通しで道がつくられたことによってこの地区が交通の要所となり、この近辺に港へ向かう途中の関所や奉行所、陣屋が設置され、現在の野毛や吉田町あたりは人や物がたくさん集積する場所になり大いに賑わったようです。


その後明治時代には陸蒸気の開通によって桜木町駅が置かれ、ガスや近代水道の発祥の地ともなりました。
現在はみなとみらい地区になっているエリアに開設された、三菱重工業横浜造船所などによって横浜の街は繁華街として発展してきました。


第2次世界大戦後には伊勢佐木町や港湾施設など横浜市の中心部の大半は進駐軍に接収されていました。
空襲で焼け野原になってしまった野毛には、闇市や露店が広がり、「野毛に行けば、カネさえ払えば何でも食える」と言われ、仕事や食べものに飢えた人々が集まってごった返していたそうです。
当時貴重であった動物性たんぱく源のクジラカツを販売する「くじら横丁」などは、終戦当時を象徴する場所として語られる事が多いようです。
また野毛の街には、かつての昭和の歌姫、美空ひばりさんが本格的にデビューした場所とされる横浜国際劇場(現在のウインズ横浜:場外馬券場)があり、多くのジャズの名プレイヤーたちを輩出した文化的なエリアでもあるのです。

野毛切り通し

美空ひばり像


一覧へ 「横浜道」